教材「1センチの勝負」より①

台湾の呉先生の教材「1センチの勝負」では、日本へ来る台湾人に対して、日本語のみならず日本文化も教えてくれています。ですので、我々がご紹介する台湾人材は、高い評価を頂けているのです。その教材の一部内容をご紹介します。

(以下本文)台湾に来てからというもの、毎朝私はふきんでテーブルを拭かなければならない。いや、正確にはこうだ。

「昨日まで、私はふきんでテーブルを拭かなければならなかった。」

 どうして、「昨日まで」かというと、私はやっと原因を見つけ、対策を講じたからだ。

 私の台湾での住居は、台北市のど真ん中、オフィスと住居一体型で、17階建ての10階だ。毎朝起きると、いつも机の上に原因不明のほこりが薄い層のようになっている。

 しかし前日に確かに拭いたはずなのに。当初私はエアコンがが古くなったせいかと思い込んでいた。親切な台湾人の大家さんが新しいのに換えてくれたが、それでも改善されない。

 しかし、ある日(昨日の朝のことだが)、私はわざわざ床にしゃがみこんで、つぶさにほこりの分布状態を観察していて、突如ひらめいた。もしかするとベランダのアルミ窓が原因ではないだろうか?

 手を伸ばして探ってみると、私は驚きのあまりひっくり返りそうになった。まさにその通りだった!地面に近い部分では、まさに熱風が伝わってきており、地面だけでなくアルミ窓枠の側面、上と、遠慮なく熱風が入り込んできているのだ。

私は何てバカなのだろう。今日こそまさに「メイミー」台風が来る日ではないか。理屈的には「密閉して風を通さない」はずのアルミ窓が、ガラス面だけが風を防いでおり、アルミ枠の上下が、驚いたことにおよそ1センチから3センチほど短いのだ。

 いや、ちがう!よく見てみると、その差はわざと短く切りとられているのだ。道理からして、アルミ窓枠というのは、一定の決まった工業規格がある製品のはずだ。なぜ切り取る必要があるのだろう。私は今の今まで理解することができない。

 私のオフィスのデスクには2台のパソコンが置いてある。台湾に赴任してきてから1か月ちょっと経つが、毎日イラクで奮闘しているアメリカ軍の通信設備のように、いつもほこりだらけなのだ。

シリコンウェハーの受託製造で世界的に有名な台湾で、どうしてこんな状況が起こるのだろうか?シリコンウェハーはクリーンルームで初めて製造できるものではないのか?

本当に申し訳ない、私に親切にしてくれている台湾の友人の中にも、これに類した色々な失礼なトラブルがあるのだ。

例えば室内の柱だが、どれも同じ褐色をしている。しかし床に接するかぐらいのあまり目立たない所で、2、3センチほど白い部分が露出しているのだ。

当初私は色が落ちたんだと思っていた。しかしよく観察してみると、明らかに塗り忘れなのだ!結局コンクリート用のペンキとはけを買い、自分で塗り直すはめとなったのだ。2

 もう一つ例を挙げると、台北の猛暑の時だ。2台のエアコンが同時に壊れてしまった。修理に来た年の入ったおじさんは、胸をたたいてこう請合ったのだ。

「修理後、1年は絶対大丈夫だ。」

 私は「水滸伝の英雄」に巡り合えてよかったと喜んでいた。しかし何と2週間足らずでまた壊れたのだ!

 再度修理に呼んだ時、約束より何日も遅れてきたくせに、不満な様子でしぶしぶという表情だった。そして今回は別の部品に交換した後、また修理宣言をした。

「修理できたぞ!」

 しかし吹いて出てきた風は熱風で、慌てた様子のおじさんはエアコンの裏側を見ると言いだし、ベランダに出て行ったかと思うと、きらっと光った目つきでこう言ったのだ。2

「このエアコンはもう古いな。置いてある場所も良くない。こんなんじゃ絶対に冷えないよ!」

 この状況に直面して、私は一瞬あっけにとられてしまった。そして以前に「どこかで会った」かのような奇妙な感覚になった。そうだ!あの文豪魯迅が書いた「阿Q」ではないか!

 技術者というのは自分の持っている技術に対して一定の「誇り」というものを持っていなければならない。もし製造業に携わっているのであれば、製品によって社会に対して責任を負わなければならない。

 日本の産業分類において、新聞業というのは、「新聞」という有形の産品を生み出すという点で、「製造業」とも言える。

 私は日本の新聞記者として、「社会的責任」という重責を負っていると共に、読者に不良品は渡さないという精神の下、毎日慎重に注意深く、忠実に職務に携わっている。しかし残念なことに、私はこう言わなければならない。

 「今日の台湾では、プロと製造者であるという気構えが、少し足りないようだ。」

 台湾人のアシスタントは、「大義を悟らせる」かのような口調でこう言った。

「まあそんなにかっかしなくても。台湾はどんなこともまあまあのレベルでいいんですよ!」

 しかし私は台湾人が生まれつき適当である、「いいかげん」であるとは思わない。皆さんはただ、小さい頃から「自分に対して厳しくある」という教育が足りなかっただけで、それはつまり以下の3つの要求が欠けているのだ。2

  • たとえ失敗しても言い訳をしない。
  • 自分の任務に最後まで忠実である。
  • 自らの訓練に厳しくある。

もし親が自ら適当で、いいかげんに物事を行なっていたら、次の世紀を担う人材をどうして育てることができるだろうか?

 たとえこの社会が、最後の「1センチ」の努力を要求してこなくても、プロとしての意識と誇り、そしてこだわりを持ち、自らの技術を高めることに励み、

「最後の1センチ」を仕上げるために尽力すべきだ。

 このような仕事に対する態度は、自分の「意志力」を高めることにもなり、それこそ真のプロにつながる、ローマに通ずる道なのだ。これはまた、台湾人が中国で大いに羽ばたき、果ては世界を駆け巡るのに必要な精神であろう!

1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*